▲ ページトップへ

日記・コラム・つぶやき

そのダイエット番組の結果で、本当にそのダイエット法に効果があると言ってよいのか?

今回は、効果があるかどうかをどう判定するという話について書きたいと思います。例えば、医薬品の開発などの研究では、その医薬品に効果があるかどうか確認するために実験を行います。この実験結果を種々の統計学的な手法を用いて解析することで、薬を使わなかった場合に比べて効果があるかどうかを判定します。統計学的手法の基本的な考え方は、薬を使ったときの変化が、偶然のバラツキに対して、明らかに差があるかどうかを判定するということになります。

 

 ここで、ダイエット番組で、3人のモニターがそのダイエット法を実施して、体重の変化が次のようになったとします。

 Aさん 実施前 75.0 kg  実施後 72.0 kg

 Bさん 実施前 83.0 kg → 実施後 80.0 kg

 Cさん 実施前 65.0 kg → 実施後 64.5 kg

 

 この結果を見ると、全員の体重が減っているので、効果があったような気になりますが、統計学的に見るとどうなるでしょうか? そこで、“対応のある平均値の検定法(対応のあるt検定)”を用いて、解析してみると、p値:0.12という結果が得られます。これは、このダイエット法を実施しなくても12%の確率で、つまり、10回実験すると1回くらいはこのような結果が得られるということを意味しています。

 

 統計学の考えでは、少なくともp値が0.05未満、すなわち、20回やっても偶然では1度も起きなきくらいの結果でないと効果があるとは認めないということになっていますので、この結果では、このダイエット法に効果があるとまでは断定できないということになります。 効果があるかどうかをはっきりさせるためには、人数を増やして、実験の精度を上げることが必要になってきます。

 

 科学的に物事を判断するためには、得られた数値を直観的に判断するのではなく、きちんと統計学的な検証を行うことが重要といえます。ダイエット法の番組もこのような視点で見ると、安易にまねをしなくなるかもしれません。

 

応用生物学部 村松

Photo_2

 

 

恩師について

ブログ読者の諸君は恩師と言ったらどなたの顔を思い浮かべるだろうか?

小学校の担任の先生? 高校の部活の顧問? 家庭教師の先生? ピアノの先生? などなど。私の場合は博士の学位を戴いたときの指導教授を思い浮かべます。今日はこの恩師について少し書いてみましょう。

 

恩師は個人にとって人生の岐路を導く重要な位置づけになる場合があります。その人と出会わなかったら、全く別な人生であったかもしれません。人生はその方向を他人に決めてもらうべきではなく自分で決定すべきです。しかし、誰もがその方向を悩むのもまた当然の事です。悩んだ方向を的確なアドバイスを与え誘導してくれる方がその人にとっての恩師と言えるでしょう。

 

私は当時ある企業で遺伝子組換えを研究する研究員でした。それまで与えられていた研究が一段落し、新規なテーマを模索している最中でした。それまでは免疫学には全く関与しなかったのですが、免疫学、特にアレルギーに興味があり、文献を読み漁っていると寄生虫とアレルギーに深い関係があることを知りました。そこで次のテーマとして、寄生虫の成分をアレルギー薬に利用できるかを探る研究を思いつきました。しかし肝心の寄生虫サンプルは簡単には手に入れられそうにありません。そこで門戸を叩いたのが寄生虫学者で有名な東京医科歯科大学の藤田紘一郎先生(写真)です。藤田先生は私の申し出に快く応じ、寄生虫のサンプルを提供してくれました。更に、私に博士の学位をとる事を強く勧めてくれました。博士の学位はアカデミア(学究的世界)に進むには絶対条件です。当時の私は将来アカデミアへ進むとは思っていなかったので、その旨お伝えすると、「アカデミアに進まなくても学位が必要になる事が必ずある。是非この機会に取っておきなさい。」と言ってくださいました。現在アカデミアにいる私にとって重要なアドバイスでありました。先生からこのようなアドバイスが戴けたのは、私の研究アイデアに共感して戴けたからこそだと思います。

 

 恩師と言える人に会えるかはまず自分磨きが肝要です。皆さんも是非これからでも遅くありませんので、自分磨きに努め、恩師と言える人に出会ってください。私も現在指導している学生から恩師と呼ばれるよう自分磨きに努め、より良い人材を見出し、社会に提供していこうと思います。

 

応用生物学部 今井

Photo

資格とろうぜ!

応用生物学部 松井です。

 89日、10日に危険物取扱者受験のための準備講習を行いました。

 

講習は、公式な準備講習を実施している公共財団法人 東京防災救急協会の外部講師の先生にお願いしました。定期試験が終了し、さあこれから夏休みという時期でしたが、94%という異例の(?)出席率の高さで皆さんの心意気を感じました。

 

 講習は一般書店では販売されていない独自のテキストに沿って行われ、さすが専門家と思わせるメリハリの利いた講習内容でした。

「ここは必ず出ます!」

「数字は覚えましょう」

「ここは覚えなくてよいです」(うれしいお言葉!) などなど。。。。

 

 今回の準備講習は、応用生物学部が推進する資格支援プログラムによるもので、定員40名に対して約2倍の応募がありました。皆さんの資格取得に対する意識の高さをうかがわせます。

一発で合格しましょう!(講師の先生の言葉)

だめなら、次がんばりましょう!(私の言葉。。。)

 

 理系学部にとって国家資格-危険物取扱者は、基本の「き」です。現在、応用化学科と協力して学内試験の実施、甲種受験資格取得のための認定単位リスト化などを進めています。

時間があるうちに資格をとっておきたい、でも何を取ったらいいのだろう??―――――――迷ったら危険物取扱者からはじめてはいかがでしょうか?

Photo_3

冷凍庫の温度は南極点よりも冷たかった

夏真っ盛りで暑いです。一方この季節の南極点は、マイナス60度です(環境省のホームページを参照)。その寒さを少し分けてくれないかなぁと、妄想していると、ありました。南極点よりも、はるかに冷たい環境が(写真1)。これですが、何かわかりますか。研究室に設置している冷凍庫の温度を示しています。実はこの冷たい環境ですが、生きた細菌や培養細胞を半永久的に保存するのに利用しています。ここでは生命活動を刻む時間の一切が休止します。このラックには、細菌や培養細胞が小分けして保存されています(写真2)。いつか解凍される日まで、じっと出番を待っているのですよね。南極点と違って365日の毎日がこの温度です。さて話は戻って、熱中症には気をつけて、夏を乗り切りましょう。

応用生物学部 杉山友康

 

20171

20172

夏の夜の交流会 avec 卒業生

722日にJR品川駅の港南口駅前広場(ふれあい広場)で久しぶりに研究室の第1回目の卒業生7名と会ってきました。約1年ぶりの再会です。大学は八王子ですが、今は東京、横浜、八王子、相模原とバラバラの場所にいるため、中間地点としての品川です。すでに皆社会人2年目を迎えましたが、元気にしていました。つい1年ほど前まで大学生だったのに、今ではすっかり大人の雰囲気を漂わせていています。折しも、品川駅港南商店会・夏まつりが開かれていて、とても賑わっていました。写真はお祭りの提灯をバックにパチリ。研究室では秋のバーベキューをはじめ、研究発表後の飲み会、夜まで実験する時のPizzaパーティーなど様々なイベントを通して研究室メンバー同士の交流を深めていますが、それは卒業しても同じ。研究室での生活は、泊まり込んでの実験や発表資料作り、英語の論文読みなどなど、大変なこともたくさんありますが、苦労を共にした仲間は男女を問わず一生の友達。大学の研究室は生涯の友達を得る場でもあるのです。

 

先端化粧品コースの岩渕でした。

 

2

大学の専攻で何を学ぶのがいいか

もしあなたが大学で何を学ぶか悩んでいるなら、一つのヒントを差し上げましょう。みなさんはビル・ゲイツを知っているでしょうか。パソコンの多くにはマイクロソフト社が開発したWindowsが使われています。ビル・ゲイツはマイクロソフト社を19で創業した天才です。世界長者番付2017で推定資産860億ドル(9.6兆円)4年連続の首位になっています。彼の発言には注目が集まります。

 

さて今年の5月、ビル・ゲイツ氏が大学生に専攻すべき分野について、Twitterに投稿した記事が話題になりました。

もし自分が今の大学生なら「人工知能・エネルギー・バイオテクノロジー」を学ぶだろうということです。これらの専攻は「多大な影響を与えることができる有望な分野」といっています。そういう方向を考えてみてはどうでしょうか?

https://twitter.com/BillGates/status/864100357684609025

(一連のツイート)

Bill_gates_world_economic_forum_200Copyright World Economic Forum (www.weforum.org), swiss-image.ch/Photo by Severin Nowacki

Creative Commons License

This work is licensed under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 2.0 Generic License.

 

応用生物学部 村上勝彦

研究者のフリをする

ウン十年前の話です。

3年生まで専門科目を勉強してきた(つもりの)A君は、晴れて希望の研究室に配属になり、研究室の先輩と話をすると分からない言葉が飛びかっています。

 

「カステンにオスバン撒いて、30分してからスラントの菌をコルベンにシードしてね。」

 

カステン??

コルベン??

 

-どうも実験器具のようだが、専門科目でもならった覚えのない言葉でした。聞いてみるとカステンとは無菌箱、コルベンとは微生物培養用のフラスコのことだと後でわかりました。どちらもドイツ語のKasten (箱)、Kolben(フラスコ)からきているようで、研究室周辺でのみ使われる用語だったようです。

 

研究室に入るとそれぞれのカルチャーがあり、研究者の間でのみ通用する言葉を使うことで仲間意識も生まれます。また、研究室内で先輩や先生と話しながら卒業研究を進めることで研究に対する興味が無限に広がっていきます。実は私も志望とは関係ない学部に入ってしまって迷っていた時期がありましたが、気が付いたら「研究室」という場所にどっぷりつかっていました。

 

「先輩、このプロトコールは最後のTFのステップがどうしても律速になってしまいますね」なんて。。

 

なぜ大学に行くのかわからないと迷っている人もいるかもしれませんが、大学に入って高校とは違う経験をすることで目的を見つけるというのも「アリ」ではないでしょうか?

 

オープンキャンパスでは、色々な研究室のありのままを公開しています。是非、足を運んでみてください。バイオプロセス工学研究室では、微生物の研究をしています。

 

応用生物学部 松井

 

Photo_5

 

将来について考えるのって、面倒くさい

こんにちは。このブログに初めて投稿します、実験助手の赤澤です。私は1年生の履修科目である「生物・化学基礎実験」の運営に携わっています。この実験ではその名の通り、4年生で卒業研究を行う上で必要となる基礎的な実験操作や原理を学びます。

 

私はこの実験で行われる中和滴定が3年生までの学生実験の中で一番好きです。高校の化学でも学びますのでご存知の方も多いのではないでしょうか。本学の学生実験ではビュレットと呼ばれる実験器具を使用して、水酸化ナトリウム水溶液を酢やレモン汁に滴下していくのですが、終点に達したときに溶液が薄いピンク色に変わる瞬間を見極められた時なんて最高です(笑)。

Dscn4249

この中和滴定はワインや酢など実際の食品製造現場においても、品質管理に使われている分析方法です。このように高校や大学で学んだ実験操作が企業の研究や品質管理の現場で使われている事例も多くあります。

 

突然ですが、皆さんはご自身の興味のある業種、職種についてどの程度ご存知でしょうか。その職業に就くために資格は必要なのか。学ぶべき分野は何なのか。業務はつらいのか。給料は高いのか。土日は休みなのか。

 

中には過去のブログにもありましたが、「製薬会社の研究者は薬学部出身者だけではない」など、調べてみると大学での学び方や将来の選択肢を増やしてくれるようなものもあります。

 

思い立ったが吉日という言葉もありますので、このブログを読んで「まぁ、そのうちね。」と思った人こそ是非、覚えているうちに(できれば今日にでも!)少しずつ調べてみましょう。

 

応用生物学部 実験助手 赤澤

イロドリガール(ボーイ?)を目指しませんか?

『イロドリガールとは、イロについて学び、「色彩検定」合格の先にそれぞれの夢を叶えた女性たちのこと(色彩検定HPより)』だそうです。

 

応用生物学部の学生が目指している資格の1つに「色彩検定」があります。これは色に関する幅広い知識や技能を問う検定試験です。

私たちは普段「色」をキレイや好きなど感覚で表現することが多いと思いますが、色彩検定を目指し、色に関して学ぶと、以下のような職業にも活かせる実用性の高い能力を身につけることができます。

・ファッション関係(デザイナー、ファッションアドバイザーなど)

・美容関係(スタイリスト、メイクアップアーティスト、ネイリストなど)

・インテリア関係(家具デザイナー、インテリアコーディネーターなど)

・その他(グラフィックデザイナー、WEBデザイナー、カラーセラピストなど)

 

色彩検定には3級、2級、1級があり、試験は3級と2級が6月と11月の年2回、1級が年1回(1次試験11月、2次試験12月)です。

応用生物学部では、週に12回ほど講習会を行っていて、今年は約40名が参加しています。これまでにこの講習会を受け、14名、226名の合格者が出ました。これからもたくさんの「イロドリガール(ボーイ?)」が応用生物学部から輩出されるといいな、と思っています。

 

 (学部では、色彩検定を始め、他にも資格支援の取組みを行っています。)

 

応用生物学部 中川

映像収録ロケをよく見かけると思っていたら、、、

先端食品コースの西野です。

 

 本大学敷地内で生活していると、映画やドラマのロケ風景をよく見かけます。最近、インターネットを見ているとAERA dot.の記事に「ドラマや映画のロケ地になった大学ランキング」というものがありました(2017/7/4 更新)。それによると、本学は堂々の3位にランクインしていました(「大学ランキング2018」(朝日新聞出版)による)。なるほど、よく見かけるはずです。

 

ロケの現場では、たくさんの人が集まり、カメラが回るので目立ちます。ロケをすることは教員といえども、当日にしかわからないので、ロケ時やその後に「○○の収録があったらしい」との噂が流れてきます。

 

八王子キャンパスで収録されたことのある代表的なドラマには、「ブラックジャックによろしく」、「医龍」、「視覚探偵日暮旅人」があります。

 

「医龍」では「片柳研究所棟」が「L&P ホスピタル(LOVE and PEACE HOSPITAL」なる病院に変身しました。写真は上が通常、下が変身後の研究所棟の入口です。収録当日は、入口以外に1Fホールも受付に、2~3Fも病院らしく変身していました。

 

また、特撮では「仮面ライダー シリーズ」の実績が多いようです。八王子キャンパスで地球の平和を守ってくれています。

 

 テレビ番組だけではなく、2015年にはSKE48の「今夜はJoin us!」という曲のMVが収録されました。八王子キャンパスの片柳研究所棟の中に興味のある人は、このMVを見てください。歌っているところは、1Fのホールです。その他のショットにも見慣れた場所があります。オープンキャンパスに来られるかたがありましたら、その場所を探してみるのも面白いかもしれません。この収録は、夜に行われていて、私が帰るときに「何やら、すごいセットが組まれ、ピカピカ光っているぞ。これはただ事ではないな。」と感じたことを覚えています。

 

 このように、よくロケに使用される、きれいなキャンパスですので、オープンキャンパスや学園祭の際に是非御来学ください。ちなみに、これから八王子で開かれるオープンキャンパスは86日(日)、827日(日)、学園祭は108日、9日を予定しております。

Photo

Photo_2

上:いつもの片柳研究所棟(片柳研究所、東京工科大 セラミック複合材料センター、バイオナノテクノロジーセンターの文字が見える) 下:わずか数時間で「L&P HOSPITAL」に変身した研究所棟

 

より以前の記事一覧