▲ ページトップへ

« 映像収録ロケをよく見かけると思っていたら、、、 | トップページ | イロドリガール(ボーイ?)を目指しませんか? »

皮膚癌の発生を抑制するメカニズム

応用生物学部 疾患ゲノム制御研究室の宇井彩子です。この度、浜松医大の丹伊田浩行准教授のグループと共同で、皮膚癌の発生を抑制している新たなメカニズムを明らかにしました。本研究は科学誌Natureの姉妹紙であるNature Communicationsに掲載されました。

 

【発表雑誌】

Nature Communications

 

【タイトル】

Phosphorylated HBO1 at UV irradiated sites is essential for nucleotide excision repair

 

【著者】

Niida, H*., Matsunuma, R., Horiguchi, R., Uchida, C., Nakazawa, Y., Motegi, A., Nishimoto, K., Sakai, S., Ohhata, T., Kitagawa, K., Moriwaki, S., Nishitani, H., Ui, A., Ogi, T., Kitagawa, M

 

【内容】

私達の細胞は紫外線などによりDNAに損傷を受けると、DNA修復機構がDNAの損傷を修復することにより皮膚癌などを防いでいます。今回の論文では、クロマチンの構造変化に関わるヒストンのアセチル化酵素であるHBO1が、DNA修復の促進に重要な役割を果たすことを明らかにしました。

 

私達のDNAは、ヒストンという蛋白質に巻き付いて折り畳まれることでクロマチン構造を形成しています。これにより、DNAに作用する蛋白質が必要以上にDNAに作用し変化させないよう、ヒストンがDNAと蛋白質の結合等を制御しています。紫外線によりDNAが損傷を受けると、損傷部位のヒストンがHBO1によりアセチル化され、それを目印にクロマチン構造変化(クロマチンリモデリング)が起こり、XPC(この遺伝子が変異すると皮膚癌などを発症する色素性乾皮症という病気になります)等のDNA修復の蛋白質がDNAに結合しやすくなることを見出しました。そして、その結果DNA修復を促進することで、DNAの損傷を修復し、皮膚癌などを防ぐという新たなメカニズムを明らかにしました。

_

« 映像収録ロケをよく見かけると思っていたら、、、 | トップページ | イロドリガール(ボーイ?)を目指しませんか? »