▲ ページトップへ

« 映像収録ロケをよく見かけると思っていたら、、、 | トップページ | 将来について考えるのって、面倒くさい »

イロドリガール(ボーイ?)を目指しませんか?

『イロドリガールとは、イロについて学び、「色彩検定」合格の先にそれぞれの夢を叶えた女性たちのこと(色彩検定HPより)』だそうです。

 

応用生物学部の学生が目指している資格の1つに「色彩検定」があります。これは色に関する幅広い知識や技能を問う検定試験です。

私たちは普段「色」をキレイや好きなど感覚で表現することが多いと思いますが、色彩検定を目指し、色に関して学ぶと、以下のような職業にも活かせる実用性の高い能力を身につけることができます。

・ファッション関係(デザイナー、ファッションアドバイザーなど)

・美容関係(スタイリスト、メイクアップアーティスト、ネイリストなど)

・インテリア関係(家具デザイナー、インテリアコーディネーターなど)

・その他(グラフィックデザイナー、WEBデザイナー、カラーセラピストなど)

 

色彩検定には3級、2級、1級があり、試験は3級と2級が6月と11月の年2回、1級が年1回(1次試験11月、2次試験12月)です。

応用生物学部では、週に12回ほど講習会を行っていて、今年は約40名が参加しています。これまでにこの講習会を受け、14名、226名の合格者が出ました。これからもたくさんの「イロドリガール(ボーイ?)」が応用生物学部から輩出されるといいな、と思っています。

 

 (学部では、色彩検定を始め、他にも資格支援の取組みを行っています。)

 

応用生物学部 中川

« 映像収録ロケをよく見かけると思っていたら、、、 | トップページ | 将来について考えるのって、面倒くさい »