▲ ページトップへ

« 大きな虹 | トップページ | 先端食品セミナーの紹介(2014年度) »

実験大好きな中学生集まれ!!

東京工科大学応用生物学部では、中学生を対象とした、非常に楽しく学べる実験講座を開講します。理科が好きな中学生諸君、「なぜヒトは老化するのか?」を東京工科大学で一緒に考えてみませんか?好奇心旺盛な中学生を募集いたします。

 

ひらめきときめきサイエンス

ヒトはなぜ老いるのか?

担当:佐藤拓己(応用生物学部・アンチエイジングフード・教授)

 

ヒトはなぜ老いるのか?

―ヒトを老化させる化学反応を見て、アンチエイジングを考えるー

ヒトはなぜ老いるのか?なぜ20歳のままの姿で生活できないのか?人類はこの課題を数千年前から考え続けてきましたが、未だ明確な解答を得ていません。あと10年もすれば、あなたにも老いを実感させる小さな出来事がきっと起こるでしょう。最近老化は単純な化学反応で説明できるかもしれないことがわかってきました。特に注目される「糖化」と「酸化」について実験室で観察して、老化を人類がどのように考えてきたか一緒に考えましょう。

 

実験日時:2014829001630

会場:東京工科大学八王子キャンパス(東京都八王子市片倉町1404-1) 

交通案内はこちら >>

http://www.teu.ac.jp/campus/access/006644.html

参加費は無料です。
昼食にはお弁当を用意しますので、持参する必要はありません。
対象:中学生

定員:20
応募締切日:2014714日(月曜日)

事前に申し込みが必要です。興味ある人は以下の担当まで連絡して下さい。
申し込み先:東京工科大学事務局研究協力課・担当・八木敦子

TEL:042-637-1163E-mail: rsc@so.teu.ac.jp

佐藤拓己

« 大きな虹 | トップページ | 先端食品セミナーの紹介(2014年度) »