▲ ページトップへ

« 研究室紹介1(バイオテクノロジーコースその1) | トップページ | 研究室紹介3(環境生物コース) »

研究室紹介2(先端化粧品コース)

2011年度の東京工科大学応用生物学部の研究室の紹介の第2回目です。今回は先端化粧品コースの3つの研究室を紹介します。高校生向けの説明です。研究室名の横のPDFファイル名をクリックすると詳しい紹介を見ることができます。

美科学(前田憲寿)研究室 「maeda2011.pdf」をダウンロード

皮膚生理学(肌科学)の研究ならびに肌に良い化粧品・食品素材の研究開発を行っています。習得できる技術分野は、美容皮膚科学、分子細胞生物学、化粧品学(香粧品学)、天然物化学などです。

化粧品材料化学(柴田雅史)研究室 「shibata2011.pdf」をダウンロード

ナノ技術と天然成分を複合化することで、敏感肌・アトピー肌でも安心して使え、かつ高機能な化粧品を研究しています。蛍光色を発したり、光で色が変わるメイク化粧品、透明なサンケア乳液、とろけるような感触の口紅スティックなどを目指しています。

抗酸化物質化学(藤沢章雄)研究室 「fujisawa2011.pdf」をダウンロード

 抗老化や美白などに欠かせない抗酸化物質の研究を通して,QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上に貢献したいと考えています。

« 研究室紹介1(バイオテクノロジーコースその1) | トップページ | 研究室紹介3(環境生物コース) »