▲ ページトップへ

« 8月21日(土)のオープンキャンパスと実験講座 | トップページ | 新しい研究テーマ »

みなみ野周辺

BS学部教員のHMです。

私は4月に着任したばかりで、八王子へも3月末に引っ越して来たばかりです。長い関西暮らしのせいで、最初は折角のボケへのツッコミのなさに戸惑うこともありました。が、かれこれ3ヶ月ほど経ち、ようやく慣れて来ました。いや、慣れて来たというか、実際には、まだ立ち上がったばかりの寂しい研究室で、一人でボケて一人でツッコムことを覚えつつあります。早く学生来ないかな。

 

さて、そんな私は、大学から歩いて通えるエリアに居を構えてしまったので、今回は大学の周辺事情などを少々書いてみようと思います。

 

まず、一番重要なのは最寄り駅ですね。これは、横浜線の八王子みなみ野駅になります。大学は、ここから徒歩15分の丘の上にそびえ立っており、真ん中から先っぽの部分が森の中からにょっきり首を出しているのが見えます。これだけでも遠目にもかなりインパクトがありますが、キャンパスへ入ってもやはり同じくらいのインパクトがあります。まるで地球連邦軍かなにかの前線基地のようで、正門横の池からはマジンガーゼットも出てきそうです。

 

みなみ野駅の近くには、裏から見ると階段状の形をしたちょっと不思議な造形の学生寮も建っています。他にも、ショッピングモール、スーパー、ホームセンター、コンビニと、大概のものは全部揃っているので、まず生活に困ることはないでしょうね。この駅は確か出来て間もないはずですが、工科大が最寄りということもあって、大学生の街という印象を与える活気ある街が形成されている感じです。


100619_tokeiso

私も生活しているのでよく分かりますが、この辺りは少し離れるだけで閑静で過ごしやすい住宅街になります。公園というか緑地も多く、私も週末はよく散歩に出かけるのですが、このまえ道端にトケイソウが咲いているのを見つけました。こんなんが道端に咲くなんて、やっぱトウキョウっておしゃれやなぁと思いつつ写真を撮ってみたりしています。


 

そんな、工科大の八王子キャンパスと、そのお膝元であるみなみ野駅の周辺ですが、いざ都心へ出掛けるにしても便利だし、かといって普段は誘惑も多すぎず、大学の4年間、勉学(とその他いろいろ)に励むには程よい環境と言えるでしょう。私もこれから大学生活をエンジョイしていきたいと思っていますが、もっとたくさんの人が八王子キャンパスを訪れて、この環境の良さを実感してもらえたらなぁと思います。

« 8月21日(土)のオープンキャンパスと実験講座 | トップページ | 新しい研究テーマ »