高校生に会ってきました!

| 投稿者: 応用生物学部スタッフ

東京工科大学では、高校生を対象に出張講義を行っています。先日、小金井市にある東京都立多摩科学技術高等学校を訪問し、「SDGsと日本と微生物」というタイトルで、お話をさせていただきました。

以前、本ブログサイトで、高校では早い時期からSDGsに対する取り組みをされている(「高校生が地球を変える!」http://blog.bs.teu.ac.jp/blog/2019/09/post-38dae1.html)ということを書きました。今年は、テレビやラジオでSDGsが急に取り上げられることになり、今まで、地道にアピールしてきた身としては、マスコミのパワーに圧倒されるばかりです。

今回は、タイトルにSDGsを入れたことで、担当の先生と高校での取り組み(カードゲームの実施など)についてもうかがうことができました。私としては、バイオや微生物とのかかわり、微生物研究の楽しさを説明することで、もう一歩踏み込んでほしいなあ。。という気持ちでいろいろな微生物の紹介をしました。

参加者は高校1年生でしたが、バイオ燃料は本当に環境にやさしいのか?とか日本からは新しい微生物はもう見つからないのでは?など鋭い質問をいただきました。こちらの高校は名前の通り、理系の高校ですが、バイオテクノロジーの専門だけでなく、ITの学生が興味を持ってくれたこともうれしい驚きでした。(バイオ研究はIT専門家を求めているんです!)

また、コロナ禍で大学と高校の交流を深めたいというご意見もいただき、こちらとしても積極的に進めたいという思いを強くした次第です。高校生のみなさんもまずは、オンラインのオープンキャンパスhttps://www.teu.ac.jp/)で応用生物学部の楽しさを感じてみてください。

Tm1

応用生物学部 松井

研究室の柱となる人材

| 投稿者: 応用生物学部スタッフ

先端化粧品コースの岩渕です。私の研究室では毛髪や頭皮の研究を中心に、化粧印象の研究などを行っています。時が経つのは速いもので、研究室ができて6年余の時間が経ちます。今春卒業する学生が6期生です。毎年多くの学生が4年生で卒業するため、研究室の在籍期間は1年の学生が大半ですが、毎年12名は大学院修士課程に進学し、その学生は研究室に計3年間在籍することになります。3年も在籍してもらえると、多くの実験技術を身に付けることができるので、研究室にとってとても大きな戦力になります。文字通り、修士課程の学生が研究室の柱となっています。本来なら博士課程まで進んでさらに研究力をつけて、研究室の柱になってもらえると、嬉しいのですが、現状ではなかなかそのような学生はいないようです。

このような中、研究室の第2期生で実質的に博士課程の学生に近い存在の方がいました。本研究室で修士課程を修了した後、本学部の実験助手として採用されたのです。時間の多くは学生実験のために使っていますが、空いた時間や、学生実験の無い時期は大学院生のように実験をしてデータを出してくれました。研究室の後輩の指導も行ってくれるので、さながら博士課程の大学院生のような存在でした。まさに研究室の柱でした。この方は、良い就職口があったのでそちらに移籍して行きましたが、研究室の柱という存在の重要性を私に再認識させてくれました。写真は最終日に院生以上のメンバーで撮ったものです。

Ti_s

現在は、この方に代わる新たな研究室の柱となる人材を開拓したいと思っています。高校生、学部生、あるいは学外の方でも、我こそはという方、ぜひ当研究室においで下さい。一緒に研究をしてみましょう。

シイタケ栽培

| 投稿者: 応用生物学部スタッフ

皆様こんにちは。生命科学コースの吉田亘です。新型コロナウイルスの影響で、自宅で過ごす時間が増え、自宅で楽しめることを始めた方も多いかと思います。我が家もミニトマトやブルーベリーなどの栽培を始めましたが、その中でも一番面白かったのはシイタケ栽培です!5日間でこんなにも多くのシイタケが生えてきて、最初はビックリしました。しかも新鮮なのですごく美味しかったです。

Yn

シイタケなどのキノコは菌類に分類されますが、キノコは菌類なのになぜこのような構造体を作るのか疑問ですよね。ということで菌の専門家である西野先生に聞いてみました!

吉田「西野先生、キノコって菌類ですよね?菌なのになんであんな構造体を作るんですか?」

西野先生「キノコは菌類の子実体(しじつたい)とよばれる部分です。菌類の中で目に見えるほど大きい子実体のことを人間は“キノコ”とよびます。子実体はかさの下に胞子とよばれる「植物の種子」のようなものをつくっています。つまり、キノコは自らの子孫繁栄のために作っているものであって、人間に食べられるために作っているわけではありません。よって、菌類にとって生存の危機があるときに作られます。」

吉田「へー。じゃあ栄養満点だとキノコは子実体をつくらないんですか?」

西野先生「はい、スーパーでキノコ(エリンギなど)を買ってきて、それをカッターで小さく切ったものを菌類にとって御機嫌な環境、つまり、栄養成分をいっぱい含む寒天培地上におき、生育に適した温度と湿度を保つとスクスクと成長します。しかし、カビの状態(糸状)に増えるだけで、私が食材として期待するもの(子実体)は作りません。シャーレの中にモコモコとした白いものが埋め尽くされるだけです。顕微鏡で見ても、しっかりと糸状になっていました。まさにカビ。残念。さすがに食べませんでした。」

吉田「これは環境によって遺伝子発現が変わっているってことですね!DNAのメチル化によって制御されているのでしょうか?」

西野先生「はい、厳しい環境下に置かれることで、菌類のやる気スイッチがONになります(これで遺伝子発現パターンが変わります)。スイッチがONになると、彼らは「いっちょう、キノコでも作ってみるか!」となるようです。そうなれば、こちらの思うツボ。。。このパターン変化にDNAのメチル化が影響するかはわかりませんが、関係するかもしれません。」

吉田「がんの簡便診断法としてメチル化DNAを測定する方法を開発しているのですが、それを使ってキノコの診断法(!?)を開発しても面白いかもしれませんね!」

西野先生「はい、DNAのメチル化レベルでキノコの子実体の形成しやすさ、大きさ、風味などが判別できれば、素晴らしい発見となると思います。これができれば、マツタケの栽培がラクになるし、トリュフも食べ放題、吉田先生と私の生活もラクになるでしょう!!!」

という、会話を最近しました。本学部の良い所の1つは教員間の仲が良いところだと思います(多分)。異分野の研究者がコラボレーションすると面白い結果が得られることが多いので、キノコ診断法を研究しても面白いかもしれません。実用化できるかはわかりませんが、大学では夢のある研究をやりたいですよね。

吉田featuring西野

末は博士か大臣か

| 投稿者: 応用生物学部スタッフ

生命科学コースの吉田亘です。昨日、本研究室の博士課程3年の馬場勇次君の博士論文公聴会が開催されました!高校生の皆様には馴染みが無いかもしれませんが、大学院は2年間の修士課程が修了した後に、さらに3年間の博士課程があります。つまり、大学院の博士課程まで進学すると、多くの場合、9年間(大学4年間+大学院5年間)も大学・大学院で学ぶことができます。長すぎってツッコミを入れた方もいるでしょう。私も博士課程の学生だった時に、親戚の高校生に「まだ大学生なの!?」と突っ込まれました(笑)。

学部4年生になると各研究室に配属されて、そこから研究活動が始まります。研究活動では答えの無い問いに対して、文献を調査し、仮説を立て、検証する(実験する)、というプロセスを繰り返し行います。社会に出れば、答えの無い問いに対して答えを見つけていく必要があります。そのため、研究を通じた教育活動は非常に重要だ!と、多分どこかの書籍やHPに記載があるので、そのあたりの話は譲りますが、とにかく研究は楽しいです!この世で誰も考えていないことを考え、それが証明された時はめちゃくちゃテンションがあがります!また、それを英語の論文として全世界に発信すれば、その成果は一生(死んだあとも)残ります!

ちょっと話は戻りますが、博士課程に進学し、博士学位審査に合格すると、「博士号」が授与されます。要は、名刺に「博士」とつけることができます。私も吉田亘「博士」です。海外に行けば「Dr.」 Yoshidaです(ちょっとかっこいい!?)。おもいっきり研究をしてみたいという方は大学院に進学して、新しい発見をして、「博士号」をゲットすることをお勧めします!

吉田亘

S__27320326 S__244465666

休肝日と研究と机の上の書類の山

| 投稿者: 応用生物学部スタッフ

こんにちは。矢野・岡田研究室の岡田です。今年もあとわずかだなとうすうす感づいてはいましたが、ずっと気が付かないふりをしていたがために、現実を直視したときの衝撃はすさまじいですね(笑)。

さて、本日は簡単に私の研究紹介をしようと思います。みなさん、肝臓はどのような役割を担っていると思いますか?ずばり解毒作用です。例えば、お酒を飲んだとき、肝臓がアルコールを分解してくれます。自宅で晩酌しているお父さんをみかけたら、「お父さんの肝臓がんばっているんだろうな」と思って、そっと休肝日をつくってあげましょう(笑)。また、私たちの身体の中では絶えず代謝反応がおこわなれていますが、肝臓はこの過程で産生された有害物質を解毒してくれています。このように、肝臓は日々私たちの身体を健康に保ってくれているのです!えらい!

この肝臓の素晴らしい働きを、とっても邪魔してくれるのが脂肪です。脂肪って本来脂肪組織で貯蔵されますよね?でも脂肪が過剰になると、本来貯蔵すべきではない肝臓でも脂肪が蓄積されるようになります。私のデスクの上でも日々似たようなことが起こっていて、ちょっとした出来心で書類をファイルにしまわずに、机の上に積んでしまうと・・・あら不思議、瞬く間に書類の山で机が埋まってしまいます(笑)。こうなると、もはや机ではお仕事できないですね。ごめんなさい。このように、肝臓に異所性の脂肪が蓄積すると、肝臓本来の機能が発揮されなくなってしまうのです。

脂肪肝が進行すると、その一部は肝炎・肝硬変、ひいては肝がんへと発展してしまいます。主な要因として、飲酒や肝炎ウイルスの感染が挙げられますが、これらに因らない一連の脂肪性肝疾患を「非アルコール性脂肪性肝疾患(non-alcoholic fatty liver disease:NAFLD)」といい、日本も含めて世界的に増加傾向にあります。それにもかかわらず、対処療法しかないのが現状です。そこで私の研究ではこのNAFLDの治療方法や予防方法を開発する!ということを目的にしています。実は、NAFLDの原因はまだまだわからないことだらけなんですね。私の机にせっせと書類の山を築いていく犯人は、この岡田以外の何者でもありませんので、私が気持ちを入れ替えるだけで充分ですが・・・NAFLDの場合はそうゆう訳にもいきません(笑)。そこでNAFLDの原因となる遺伝子を特定し、創薬に応用しようと日々励んでいます!現在、この原因遺伝子群の候補が徐々に見つかってきており、自分で言うのもなんですが、今後の研究展開がとても楽しみです!

20201208-_okada

 

必需品:消毒用アルコール

| 投稿者: 応用生物学部スタッフ

今年は1月から新型コロナウイルス感染症の話題で持ちきりの1年でした。この1年の間にみなさんにとって身近になったものに「消毒用アルコール」があると思います。外から家に帰ってきたとき、商業施設に行ったときは常にアルコール消毒をしたはずです。今は街のいたるところに消毒用アルコールを見ることができます。

このように脚光を浴びた消毒用アルコールですが、微生物の研究をしている私にとっては学生時代から欠かせないものでした。というのも、微生物を取り扱う時は、いつも約70%に薄めたアルコールを手の先から肘まで吹きかけてから実験操作を行うからです(消毒効果が65~80%の濃度が一番高いためです。ケチっているわけではありません)。そのため、微生物の研究を行っている研究室では「いかに安価に消毒用アルコールを手に入れるか」が経済的に大きな問題となっています。

その経済的問題が新型コロナウイルス感染症によって深刻になりました。消毒用アルコールの値段に人一番敏感な私による、この1年のアルコール価格変動の観察結果を報告します。まず、1月は18Lで5000円くらいでした。しかし、2月ごろ新聞紙上にコロナウイルスの名前が出始めると急に品切れの文字がでました。3月になると通常の購入をあきらめた私はオークションサイトに走りました。そこでは数万円の表示がありました。購入断念。最高値は5月ごろの約5万円だった記憶があります。そのころは酒類製造会社がアルコールを売っていました。その後、市場にアルコールが出回り、2万5千円くらいから購入を検討、6月半ばに14500円で購入しました。そして10月には7250円で購入した記録が残っています。その後はその価格で相場は安定しています。私の心と研究室予算への不安が落ち着きました。まさかまさかのこの経験、早くコロナ禍が収まることを願っています。

西野智彦

Nishino

新しい研究室ができました

| 投稿者: 応用生物学部スタッフ

東京工科大学・応用生物学部、先端化粧品コース新任の吉田雅紀です。10月に着任し皮膚生理学研究室という研究室を作りました。

長く化粧品会社にいましたが、ここ20年くらいのほとんどを色々な大学を職場にして過ごしてました。当研究室ではシミや白斑の改善や治療を目的に、表皮細胞の増殖分化機構の解明や表皮細胞による色素細胞遊走制御機構を中心に研究しており、皮膚の透明化技術を使用する組織化学的解析などをよくやっています。

また最近では、産毛を抜いて付着した細胞を網羅解析して局所の皮膚の状態を診断する肌診断方法の完成も目指しています。大好きな大泉洋のバラエティを見ていて思いついた方法なんですが、皮膚は生きた細胞が露出してないので診断目的で生きた細胞を取るのはハードルが高いのですが、産毛は全身の皮膚にあってその抜毛は美容法に使われるくらい低侵襲なのに簡単に細胞が取れるんです。現在は古巣の長浜バイオ大学と特許提出して色んな解析への応用にトライしています。

My
産毛の付着細胞

マスク生活で変えたメイク

| 投稿者: 応用生物学部スタッフ

みなさん、こんにちは^^ 先端化粧品コース化粧品材料化学研究室の伊澤です。急に寒くなってきましたが、体調を崩したりしていないでしょうか??

最近では、すっかりマスク生活が定着してきましたよね。「どうせマスクするし」と思って、すっぴんで出かけることも多かったのですが、先日、落ちにくいことで人気の「ティントリップ」を初めて買ってみました!!

私はもともと唇の色が悪く、リップなしだと「今日、体調悪い?」と聞かれるくらいなので、普段からリップは頻繁に塗り直していました。でも、ティントリップはとっても色持ちが良い!!そして、マスクに色が付きにくいのもうれしい!!

Izawa

あとは、マスクをしていても見える目元のメイクを見直そうと思い、眉毛サロンに行ってみました!!なりたい印象だけでなく、骨格や筋肉の付き方に合わせてプロの方が眉毛をデザインしてくれました^^ 左右のバランスが整って、メイクもしやすくなった気がします!!

メイクって、相手への印象を変えるものでもありますが、なんだか自分の気持ちも前向きにしてくれます^^ 身体の健康とあわせて、心の健康も大切にしていきましょう♪

先端化粧品コース  伊澤 千尋

身近なニュースに関心を持ちましょう

| 投稿者: 応用生物学部スタッフ

皆さん、こんにちは。今年の残暑は厳しかったですが、10月に入って秋らしい気候になり、過ごしやすい日が多くなってきました。本学も後期の授業が始まり、新型コロナウイルス感染防止対策を施しながら対面授業が一部再開しつつあります。また、研究室の学生は今まで思うように研究活動を進めることができなかった遅れを取り戻そうと日々実験に励んでいます。

Maruyama

さて、10月上旬に今年のノーベル賞受賞者の発表がありましたが、皆さんご存知でしょうか。私は医薬品コースを担当しているので医学生理学賞について紹介しますと今年の受賞内容は“C型肝炎ウイルスの発見”でした。肝炎は慢性化すると、肝硬変、肝細胞がんへと進行していく恐れがある危険な疾患です。当時A型肝炎とB型肝炎の解明は進んでいた一方で、C型肝炎はA型でもB型でもない肝炎と言われ原因がわかっていませんでした。今回の功績は高感度の血液検査による診断を可能にし、C型肝炎に直接作用する抗ウイルス薬の開発につながりました。C型肝炎ウイルスの発見から治療薬開発に至るまでの過程を詳しく知りたい人はノーベル賞の公式ホームページを参照してみてください(もちろん英文ですがいい英語の勉強になります)。ちなみにB型肝炎ウイルスの発見は1976年にノーベル賞医学生理学賞になっています。また、非アルコール性脂肪性肝炎などウイルス性とは異なる原因による肝炎もありますので、肝疾患に興味のある人は調べてみてはいかがでしょうか。

このBlogの読者は高校生が多いと思いますが、最近気になる話題などありましたでしょうか。理系の大学での学びを志すのであれば、自分の興味のある分野はもちろんですが、科学系の身近なニュースにも関心を持つようにしましょう。大学入学後に先生や同級生との会話を始めるきっかけになるかもしれません。

機能性RNA工学研究室 丸山

研究とはなんぞや

| 投稿者: 応用生物学部スタッフ

東京工科大学 応用生物学部 生命機能応用研究室 中西 昭仁です。暑い日が続いたと思ったら急に涼しく(人によっては寒く?)、なってきましたね。微生物に振り回されっぱなしの我々は、研究室での温度設定を微生物培養用に23℃に固定しています。夏はひんやり、冬はあったか、になればいいんですが、研究室内で暑がる学生やこごえる学生もいます。でも微生物に振り回されっぱなしの我々は、研究室での温度設定を微生物培養用に23℃に固定しているので、学生の要求にはこたえられません。ほんと残念なんだけどね。本当だよ。そこで我々は、暑がる学生には涼し気ファッションを、こごえる学生には温かファッションをお勧めしています。多様性があっていいよね。おっと何の話をしているんだ私は。

さて今回は、本研究室で行っている研究を少しですがお話します。本研究室は「微生物を使って何かをつくりだそうとする」をコンセプトに研究を進めています。微生物が研究の足場にあれば、酵母などの産業微生物に有用物質を作らせたり、緑藻の細胞自体を利用して素材を作ったり、新しい発想があれば何でも研究テーマはOKです。私の恩師が「研究室で生まれた技術は産業利用を狙え」と仰っていて、私も色濃くその価値観を受け継いでいますので、社会のニーズを見ながら研究テーマを考えていきます。

Nakanishi
Fig 輝きを放つ緑藻培養系

今、2050年の社会実装を目指して、「微生物を用いたプラスチックス生産系」についての研究をしています。このように書くとプラスチックスの作製こそが骨子なんじゃないの?と思われがちですが、2050年には地産地消が進んでいて…とか、一極集中の工場生産スタイルから脱却していて…とか、もっとバイオプラスチックスの使用が進んでいて…とか、実際に近未来の社会で生産するシステムについて深く考えて研究しています。いい研究は新たな研究を生むことだと思いますので、もし興味を持ってくれたら、こういった少し先の将来を一緒に見ながら研究していきませんか??実は他では言えないあんな話やこんな面白い話があって、ここだけの話なんだけどおっと誰か来たようだ。

«夏のケアーはしっかりしましょう。